2008/7/29~8/1

夏休みを利用してウインドサーフィンをしてきた。

ウインドサーフィンは2年前までは毎週やっていたが、ここ2年はウインド熱が冷めたのか
まったくやっていなかった。

場所は、富士五湖のひとつ本栖湖、ここは晴れた午後になると不思議と風が吹く。

一説によると駿河湾で温められた空気が温度の低い内地に流れこみ、富士山の地形で
圧縮され本栖湖に強い風を呼び込むらしい。そして風が吹くときは写真のように山に雲が
引っかかったような状態になっていることが多いのです。一時雲が掛かるのではなく、
ずーとこの状態。これも不思議だ。

c0077379_20483579.jpg



今回も期待を裏切らず吹いてくれた。1日目は風が湖一面に吹き渡りナイスコンディション、
対岸までの約3kmを行ったり来たりできた。

ウインドサーフィンを知らない人は、湘南で"まったり”乗っている姿を想像してしまうでしょうが、
結構スピードがでるのですよ。個人の能力、条件にもよりますが50km/hは出ます。
そして水面と近いこともあり体感スピードは×2はあります。



写真は、スピードがのりボードが浮上しテールのみが水面に接するプレーニング状態で競っている
ところ。
c0077379_20514512.jpg


結局、富士五胡滞在期間の3日間はウインドしっぱなし。大分ストレス発散できたかな。
そして冷めたウインド熱が若干ではあるが蘇ってきたようである。
[PR]

by kato_2007 | 2010-03-08 20:52  

6/14 築地、佃島、月島~... >>